アイランドキッチンを快適に使う工夫

間取りやレイアウトを意識して設計する

注文住宅を建てる際に重視したいものは、家族それぞれで異なりますが、特に女性が重きを置くのが、キッチンです。最近ではキッチンの種類が増え、使いづらさを解消したり、家族との団らんに寄与するキッチンも増えています。その代表格ともいえるのが、アイランドキッチンです。 アイランドキッチンを採用する場合は、他の種類のキッチンよりも設置面積をとる場合があるので、注意が必要です。アイランドキッチンは、シンク・コンロ・作業台が一緒になった「コンロ一体型」と、アイランド部分にシンクと作業台があり、背面にコンロがある「コンロ分離型」の2種類があります。なお、省スペース化できるのはコンロ分離型です。アイランドキッチンは、周囲をすっきりしておくと動きやすくなり、使いやすくなります。

収納を考えることも大切

キッチンで重視される別の点が、収納です。災害が頻発する日本では、ローリングストックなど、常用している食品を一定量備えておくことが推奨されているので、どうしても収納の量が多くなりがちです。アイランドキッチンは、他のキッチンに比べ、隠せるスペースが限られるため、収納を意識して設計することが重要です。

アイランドキッチンの主な収納スペース、コンロ周辺になります。コンロ下には、調理器具を入れると使いやすいですが、あらかじめ細かい仕切りを設けるよりも、大きなスペースをとって、調理器具の大きさなどに合わせて、後から仕切りをつける方が効率よく収納できるようです。また、あえて見せる収納方法を取り入れたり、調理器具をつるすようにすると、収納とともに使いやすさを実現できます。

分譲住宅は価格を抑えられる、購入する前に住宅を見ることができるというメリットがあります。しかし、注文住宅と違い、間取りやデザインなどの要望が通らないので、購入の際に検討する必要があります。