アイランドキッチンのメリット

そもそもアイランドキッチンって何?

自分たちの好みやニーズに合わせながら、自由で柔軟に設計できる注文住宅では、水まわりにこだわるケースも少なくありません。特に日々の暮らしに欠かせない水まわりの設備として、キッチンを重視する傾向が見られます。

そんな注文住宅のキッチン選びでは、アイランドキッチンの人気も目立ちます。このタイプはその名称の通り、キッチン台を壁面から分離し、まるで孤島のように設置されているスタイルに、大きな特徴があると言えます。

ちなみにこのアイランドキッチンは対面型やオープン型に分類され、同じ対面型のI型キッチンやセパレートキッチン、あるいはオープン型のペニンシュラキッチンといった、それぞれのタイプが持つ幾つかのメリットを、同時に備えていることは注目に値します。それでは具体的にアイランドキッチンには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

アイランドキッチンにはメリットがたくさん!

先述したようにアイランドキッチンの大きな特徴は、壁面から分離されていること。すなわちダイニングやリビング方向へキッチン台が設置されているので、調理や洗いといった炊事の際も、開放的な気分でスムーズな作業を可能にします。またダイニングやリビング側から見ても、物理的にキッチンを隔てるものがないので、スッキリと見栄えのよいデザイン空間を実現します。

物理的に隔てるものがないということは、同時にコミュニケーションが取りやすいことも意味します。例えば子育て中の方であれば、ダイニングで遊ぶ子供と対面で会話をしながら、炊事を進めることが可能です。あるいは来訪客がリビングにいる場合も、キッチンからきめ細かくコミュニケーションを取ることが期待できるでしょう。